• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 【イベント】世界を知る写真展「わたしの街を返して」を開催します

新着情報

【イベント】世界を知る写真展「わたしの街を返して」を開催します

日本赤十字社神奈川県支部は、中東地域の市街地で起きている紛争に焦点をあてて、
写真39点の展示のほかトークショーを開催します。

写真
▲イラク第2の都市モスルの街(2017年3月)

シリア・イラク・イエメン―

かつて、これらの国々には家が建ち並び、ビジネスの中心地として栄える街がありました。

しかし、2010年から2015年にかけて、人口が密集する都市部で戦闘が繰り広げられるようになり、市民が巻き込まれていきました。世界の紛争による死傷者の約半数がこれらの国に集中しています。

「もし、自分の街に武装勢力が入って来たら?」
「もし、頭の上を銃弾が通り過ぎていく中で逃げなければいけなくなったら?」

世界で起きていることを身近に感じていただけるような展示となっていますので、
ぜひ、ご家族やご友人とお誘い合わせのうえ、お越しください。

写真展

日時 平成29年12月19日(火)~12月25日(月)
11:00~19:00 ※19日は14時会場、25日は17時閉場
会場 みなとみらいギャラリー
クイーンズスクエア横浜 クイーンモール2階
横浜市西区みなとみらい2-3-5
みなとみらい駅徒歩約3分、桜木町駅徒歩約20分
主催 日本赤十字社、赤十字国際委員会(ICRC)、キヤノン株式会社

トークショー

日時 平成29年12月23日(土)16:00~17:00
場所 本写真展会場内
ゲストスピーカー  フォトジャーナリスト 安田 菜津紀 氏
元シリア・アラブ赤新月社ボランティア  ラガド・アドリ 氏
内容 長年中東地域の取材をされているフォトジャーナリストの安田さんと、ご自身も被害に遭われながら赤十字のボランティアとして活動されていたラドガさんから見たシリア、またそれぞれの想いを語ります。
予約申込 不要

メディアイベント

日時 平成29年12月19日(火)13:30~14:00
対称 報道機関・出版各社 プレスリリース、取材申込みについてはこちら

国際人道法とは
武力紛争のもたらす不必要な犠牲や損害を防止することを目的に、紛争の手段や方法を制限し、敵対行為に参加していない人びとの保護を定めるルールの総称。保護を目的としたジュネーブ条約や、戦闘方法や武器の制限を規制するハーグ条約など、国際的な条約が主となります。
赤十字は、国際人道法の普及を重要な使命の一つとしており、市街地の戦闘で一般市民が犠牲になっている状況を見過ごすことができません。

国際人道法についてもっと知りたい方はこちら

昨年のようすはこちら

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。