• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 【お知らせ】お餅の誤嚥にご注意を! ~おいしく食べて、笑顔でお正月を過ごしましょう~

新着情報

【お知らせ】お餅の誤嚥にご注意を! ~おいしく食べて、笑顔でお正月を過ごしましょう~

年末年始、お正月の定番といえば「お餅」。おいしいお餅を安全に食べて、笑顔でお正月を過ごしたいものです。しかし、年末年始はお餅の誤嚥による救急搬送が毎年多く発生しています。

いのちを守るために大切なことは、喉に詰まらないように予防をすること、そして、万が一の際には迅速に正確な手当てを行うことです。

ここでは、予防の方法と、万が一の際の手当ての方法をご紹介します。

ae09ff6c8374784706621ad8f5c762bce8cdb7d9.jpg

【喉にものが詰まったら・・・】

1.直ちに本人に強い咳をさせる

2.声が出ないか、十分に強い咳ができない場合は 119番通報

3.背部叩打法、腹部突き上げ法を試みる

ea1e5e50aeb338f40c26e065de739dac7cef92ec.JPG46e9e3dea929a4984178741370e1a5462aa38814.JPG

※一つの方法を数度繰り返しても効果がなければ、もう一つの方法に切り替えて行う。

【誤嚥・窒息を予防するためには】

・食べやすい姿勢を保つ。

・詰まりやすい食品に気をつける(餅、団子、こんにゃく、里芋、大きい肉片など)。

・必要に応じて、材料を食べやすい大きさや形に切る。

・ゆっくりよく噛んで食べる。

・食べ始めるときや、固形物を食べた後はお茶や汁物を摂るようにする。

・食べ物を口にいれたまましゃべらないように気をつける。

・外れやすくなった入れ歯に気をつける。

<健口体操>

高齢になると足腰が弱ってくるように、口の周りの筋肉や顎や舌の動きが低下して、 咀嚼や嚥下などの(食べ物を噛んだり飲み込んだりする)口腔機能に支障をきたすことがあります。要介護状態になるとなおさらその傾向が強くなり、誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。口腔機能が低下しないように、あるいは低下した口腔機能を向上させるための体操が健口体操(嚥下体操)です。

ccd769f1b60edc6932ef4617f9fdfebea1e85a3c.JPG

図は健康生活支援講習教本より抜粋

健康生活支援講習など講習についてはこちら

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。