• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 新着情報一覧
  3. 【青少年赤十字】災害を経験した私たちに"今"できることは?~教員対象の防災教育研修を実施~

新着情報

【青少年赤十字】災害を経験した私たちに"今"できることは?~教員対象の防災教育研修を実施~

令和2年7月豪雨での被害が続く7月27日、神奈川県立総合教育センターが主催する教員を対象とした防災教育研修講座において、支部職員が講義を実施。県内各地の小・中・高・特別支援学校から計42名に参加いただきました。

テーマは『災害を経験した私たちに"今"できること』。過去の災害について振り返るとともに、これから起こりうる災害から子どもたちを守るためどのように備えればよいか講義を行いました。

その後、「所属校における防災教育の現状(課題)と理想」「理想と現状のギャップを埋めるために教員ができること」について、校種を越えたディスカッションを行いました。

 

受講者の感想:

・防災が大切と分かっていながらも、具体的な行動が出来ていなかった自分を見つめ直す機会になった。これを機に、学校にもどったら防災行動について生徒と考えていきたい。

・災害時に起こりうる心理現象や、防災意識の持ち方など、非常に参考になった。

・青少年赤十字防災教育プログラムは、楽しみながら、そして様々な授業に取り入れられる教材だと思う。すぐにでも実施したい。

・防災について校種を越えて意見交換する時間もあり、非常に有意義な研修だった。

 

日赤神奈川県支部では、今後も命をまもる防災教育を進めてまいります。

青少年赤十字が進める防災教育についてはこちら≫http://www.kanagawa.jrc.or.jp/jrc/bousai/index.php

2a356e21f7fcbdc99a75b649b150d14ecc840743.JPG

 ▲過去の災害とこれからの備え

ea895d71959345439fbb5781ae17b4d0e17e6361.JPG

 ▲校種を超えたグループディスカッションでは「各校における課題」などをテーマに、議論が白熱しました。

934bbaeec4f91b7def1f8620db5d87a917a7a5b8.JPG  a5d9c3231581d4fd23e4aa1573f0b003f120002a.JPG

 ▲グループごとに「"今"教員ができること」について発表し、様々な考えを共有しました。

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 職員専用ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。