• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 写真展「奪われた手足~カンボジア・地雷とともに生きる人々~」を開催しました。

報告

写真展「奪われた手足~カンボジア・地雷とともに生きる人々~」を開催しました。

平成24年12月18日(火)~25日(火)までの8日間、みなとみらいギャラリーで写真展「奪われた手足~カンボジア・地雷とともに生きる人々~」を開催し、2,360名と非常に多くの方々にご来場いただき、無事に終了することができました。

写真1写真2

写真は、1997年からカンボジアへ通い、地雷の被害やカンボジアに生きる人々を長年撮り続けてきた粂川真木彦(くめかわ まきひこ)氏の作品25点を展示。

赤十字国際委員会はカンボジアを始め多くの国で対人地雷の犠牲者に対する義肢の提供やリハビリテーション施設の運営などを行っており、日本赤十字社神奈川県支部も支援をしています。
国際条約で地雷が禁止されても、知られていない忘れ去られた現実があること、また、赤十字が活動を続けていることの意味など、多くのことをを感じ取っていただけたようです。

写真3写真4

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。