• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 災害に対する国民の自助共助力の向上に向けて

報告

災害に対する国民の自助共助力の向上に向けて

日本赤十字社では災害などの有事に対応するためには、日頃からの備えが重要だと考えています。

そこで、災害に対する国民の自助共助力の向上させていくことを目的とした「ウォーターセーフティーシンポジウム2018~災害を経験した我々がこれからできること~」に参加し、赤十字の持てる災害救護や救急法のノウハウをエッセンスとして含めて、自然災害の正しい知識を持つことと主体的な行動の必要性をお伝えしました。

写真1

特に防災教育の推進に触れ、「自然災害の正しい知識」や「自ら考え、判断し、危険から身を守る方法」や主体的に取り組めるよう「気づき、考え、実行する」の実施、また「コミュニケーション力や創造力」の必要性についても訴えました。

第二部のパネルディスカッションでは、当事者意識を持つことの大切さが各シンポジストから聞こえたことから、その方法として

・非常持ち出し用具を備える

・学校やお家から一時避難場所へ実際に走ってみる

・ハザードマップを確認する

など、具体的に行動に移すことを提案しました。

◆シンポジウム主催:特定非営利活動法人日本ライフセービング協会
◆開催日時:平成30年3月11日(日)
◆会場:成城大学

写真2写真3

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。