• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 赤十字de自由研究 "いのち"を守る体験教室 たくさんのご参加をありがとうございました!

報告

赤十字de自由研究 "いのち"を守る体験教室 たくさんのご参加をありがとうございました!

夏休み特別イベント「赤十字de自由研究 "いのち"を守る体験教室」を開催し、赤十字が培った災害救護や救急法のノウハウを生かした"大切ないのちを守る方法"について学んでいただきました。けがの手当てや救命手当て、災害時に役立つアウトドア技術などを、親子で真剣に、また兄弟姉妹で教え合いながら、ご家族でたのしく体験されている姿が印象的でした。
本イベントが、皆さまの素敵な夏の思い出に、またお子さまの自由研究に役立つことができれば幸いです。

応急手当

バンダナを強く結ぶことでできる止血法やけがした頭を保護する方法など、身近なものでできる手当ての方法を体験しました。パンツストッキングを代用して骨折した腕を吊る方法を学ぶと、「こんなこともできるんだ!」と驚きが広がりました。

写真1 写真2
写真3 写真4

救命手当

心配蘇生法やAEDの使い方を学び、倒れている人の生命を救うために自分にできることと周囲の人と協力する大切さを学びました。お子さまだけでなく、保護者の方も一緒になって取り組んでいただき、「何かあったときのために役立てたい!」との感想をいただきました。

写真5 写真6

サバイバル

参加者全員で協力して、登山用テントやブルーシートテントの組み立てを体験!組み立て時に必要なロープワークの技術は、災害時や日常生活にも役立てることができます。子どもたちは「これだけでほどけないんだぁ」と感心していました。そのほかにも、避難所で使える段ボールベッドや、飽きがこないように工夫した非常食の体験をしました。

写真7 写真8
写真9

災害救護チーム

離れた場所にいる相手と無線機(トランシーバー)で連絡を取り合い、赤十字の医療救護班になりきりました!災害時に被災地へ派遣される医療救護班は、安全で効果的な活動を行うために、複数の相手と同時にやり取りができる無線機を用いて情報収集や伝達を行います。赤十字の救護服を着て救急車に試乗した後は、「楽しかった!」と満面の笑みで写真撮影を行いました。

写真10 写真11

かながわ赤十字情報プラザ見学

「災害救護活動ってどうやって行っているの?」「赤十字のボランティアはどんな活動をしているの?」「視覚障がいのある方はどんな不便を感じているの?」など、赤十字の誕生から、日本赤十字社の9つの事業まで様々なことを学び、自由研究のヒントが見つかったようです!

写真12

本イベントにつきましては、大変ご好評をいただきありがとうございました。
引き続き、赤十字のイベント等へのご参加をお待ちしています!

今後のイベント情報等、日本赤十字社神奈川県支部の最新情報はメールにて定期配信しています。
日赤かながわメールニュース配信サービス

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ 広報紙 日赤かながわ 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。