• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. ようこそ赤十字へ!~青少年赤十字高等学校新入メンバー研修会を実施~

報告

ようこそ赤十字へ!~青少年赤十字高等学校新入メンバー研修会を実施~

5月12日(日)、今年度から青少年赤十字(JRC)のメンバーになった高校生のうち71名を対象に、研修会を実施しました。
その模様を、神奈川県青少年赤十字賛助奉仕団から報告します。

研修実施報告

写真1
▲赤十字について学びました

集まったメンバーは、始めは緊張しながら研修を受けている様子でしたが、徐々に学校間の壁が取り払われ、積極的に意見交換が行われるようになりました。

研修では、これからJRCのメンバーとして活動するために必要な、赤十字や青少年赤十字の基本的な知識や活動について学びました。
今日の赤十字は戦時救護から始まったこと、現在は災害救護をはじめとした9つの事業を行っていることなど、具体的な説明を聞き、苦しんでいる人を救う赤十字の活動を理解し、これから自身の行う活動の大きな柱として認識することができたようです。

午前の締めくくりは、ボランティア活動についてです。
各メンバーがボランティア活動に関心を持ったきっかけや理由について、楽しそうに生き生きと話し、他の人の意見に感心する姿も見られました。

写真2
▲チームでのアクティビティー

写真3
▲各チームからの発表!

写真4
▲上手に処置ができました

昼には、初めて食べる非常食にワクワクドキドキしているようでした。貴重な体験になったようです。

午後は、これからの取り組みについて考える研修でした。支部の2階にある「かながわ赤十字情報プラザ」を見学した後、三角巾を使った応急手当の方法を学びました。

写真5
▲真剣に取り組みます

また、職員からは世界の現状や、災害時に自分のいのちをどのように守るかということについて話を聞くことができました。日本に住む高校生たちにとって今回の話を聞けたことは、自分の身の回りの社会や世界で起こっている問題に、赤十字の一員として関心を向ける学びになったのではないでしょうか。

写真6
▲先輩の話に聞き入っています

研修の最後には、元JRCメンバーで、現在は神奈川県赤十字国際奉仕団で活躍する先輩の話もありました。世界のユースボランティアが集う会議などに、日赤の代表として出席している先輩の話は、参加したメンバーの刺激になっていたようです。

記 神奈川県青少年赤十字賛助奉仕団

この研修を修了したメンバーは、これから各学校で活動していきます。
青少年赤十字についてはこちら

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。