• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 医療救護活動を支えるために~事務管理要員の研修を実施~

報告

医療救護活動を支えるために~事務管理要員の研修を実施~

 6月11日(火)、救護班主事(事務管理要員)を育成するためのプログラムを実施しました。
 救護班主事は、災害時に医療救護活動をするための基盤を整える重要な役割を担っています。
 "情報が災害を制する"と言われている災害救護において、限られた人員と資機材を効果的に使うために、被害状況や様々な支援団体の動きを把握することは何よりも大切です。このプログラムでは、無線機や衛星電話の使い方を学び、情報をすばやく的確に伝える訓練を行いました。その他にも、発電機などの救護資機材の取り扱いや緊急車両の操作方法を学び、医師や看護師の活動をサポートする力を養いました。
 今後も当支部では、さまざまな災害に対応できるよう、日々の訓練や研修を重ねていきます。

1.jpg   c7c18b87b21d3cb26369bc393ca5fe02f1a3073a.jpg

▲無線機を用いた通信訓練    ▲救護団体間の連絡ツールの操作訓練

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。