• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. 青少年赤十字高校生メンバーが大活躍!! ~「心肺蘇生&AEDの使い方」体験ブースでボランティア指導~

報告

青少年赤十字高校生メンバーが大活躍!! ~「心肺蘇生&AEDの使い方」体験ブースでボランティア指導~

6月1日(土)9日(日)、2日(日)、8日(土)、9日(日)、山下公園にて開催された「横濱ドラゴンボートレース2019」で、神奈川県安全赤十字奉仕団と青少年赤十字(JRC)メンバーが「心肺蘇生とAEDの使い方」について学ぶことができる体験ブースで指導を行いました。

写真1

写真2

参加したJRCメンバーは、県立藤沢総合高等学校と県立横須賀明光高等学校の生徒15名です。各学校で、事前に一次救命処置(心肺蘇生とAEDの使い方)に関する勉強会を行い、当日は多くの人に体験してもらえるように、「あなたの行動で救われる!!」、「知っていれば安心、心肺蘇生&AED」などと書いた手作りのポスターを掲げて大きな声で呼び込みをしました。

写真3

写真4

体験ブースでのレクチャーも最初は慣れない様子でしたが、経験豊富な神奈川県安全赤十字奉仕団の皆さんからアドバイスを受け、回数を重ねる中でレクチャーするポイントを学び、上手に伝えることができるようになりました。

今回ボランティアに参加したJRCメンバーからは、「外国の方が来た時にどのように説明したらいいのか少し戸惑いましたが、まわりの方々に助けられ、なんとか最後までやり遂げることができました。次回は英語で説明ができるように頑張りたいと思います。」、「思っていた雰囲気とは違い、ドラゴンボートレースを見たり、楽しむこともできるボランティア活動だったので、また携わりたいと思いました。」などの感想がありました。
青少年赤十字についてはこちら

このイベントを通じて、多くの人に心肺蘇生とAEDの体験をしていただきました。来年は東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、神奈川県にも沢山の人が訪れます。いざというときに、誰もが一次救命処置をできるような、安心して生活できる社会になることを願い、これからも日赤では救急法等の普及活動を続けて行きます。
救急法等の講習の受講についてはこちら

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。