• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 報告一覧
  3. JRC高校生メンバー令和元年度前期の活動報告 ~神奈川県高等学校青少年赤十字連絡協議会~

報告

JRC高校生メンバー令和元年度前期の活動報告 ~神奈川県高等学校青少年赤十字連絡協議会~

日赤神奈川県支部は、神奈川県内 119 校の青少年赤十字高校生メンバーによる神奈川県高等学校青少年赤十字連絡協議会を組織しています。
この協議会は高校生が運営し、コミュニケーションや体験を通じて、人の生命や健康、尊厳を守るためにできることを皆でやっていこうと、年4回の定例会を開催しています。

今年度前期の活動について、高校生が報告します。

令和元年度前期役員からの報告

第1回定例会 7月15日(月祝)

 私たちは普段、それぞれの学校でJRC活動を行っていますが、その基礎となる見識を広げてほしいと考え、「様々な知識を身に付け、自分にできることを考えよう!」をテーマに実施しました。
 夏本番を前に運動中などの事故を想定し、「人が倒れていたらどうするか」や、海のレジャーを想定した「ウォーターセーフティー」のプログラム、近年自然災害が頻発しているので「地震があった時には」という内容で実施しました。
 当日は県内のメンバーに加え、東京都支部からの参加もあり、88名(教員等含)での実施となりました。想定の人数を大きく超える実施となり、不安もありましたが、大人数でグループワークなどを行ったため、たくさんの人の意見を聞くことができ、大変有意義な会にできました。

6b229188bcd85a15084df15b2c4382aa0d0b7a7d.jpg b695ec7ab252833f8f40d68a62366f664a97b6eb.jpg

▲グループの意見を発表                ▲楽しいワークでした!

3.jpg

▲都支部のメンバーと赤十字マークで記念撮影!

第2回定例会 10月6日(日)

 今回は、来年行われるTokyo2020大会にちなみ、健常者と障害者が同じフィールドで競い、楽しむことのできるパラスポーツから、本当の意味での「共生社会実現」に向け、考えていくきっかけを得て欲しいという思いで、パラリンピックの公式種目である「ボッチャ」を体験するプログラムにしました。
 この定例会は、その開催趣旨から公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会から「Tokyo2020応援プログラム」に認証されました。

4.jpg 5.jpg
▲アイスブレイクの様子                 ▲素敵な笑顔!

 
会のはじめには、国連が定めた国際目標SDGsについてのプレゼンを行い、「誰ひとり取り残さない」、持続可能な社会作りについて参加者に問題提起を行い、楽しいだけでは終わらない、ボッチャ体験にする為に工夫しました。

6.jpg 7.jpg

▲SDGsのプレゼン                   ▲他校のメンバーと「いただきまーす!」

その後、オリンピックとパラリンピックについてクイズやプレゼンを行いました。オリンピックの豆知識クイズでは、周りの人同士で答えを確かめ合ったり、時折笑い声が聞こえる場面もあり、とてもよい雰囲気でした。オリンピックの歴史や、「平和の祭典」としての役割などを知った参加者が、今までとは違った目線で来年のオリンピックを楽しんでくれたら嬉しいです。パラリンピックについては、オリンピックに比べて関心が低いと考え、組織委員会のホームページにある競技紹介の動画などを用いてプレゼンしました。

ボッチャは、今まで知らなかった人も多かったようで、興味を持って話を聞いてくれる人が沢山いて、通常の体験に加え、器具を用いて障害者目線での体験も行いました。誰もが同じフィールドで気軽に楽しめるものだと思うので、その気持ちが参加者の皆さんにも伝わったと思います。

8.jpg 9.jpg

▲ボッチャ体験                     ▲みんな真剣です

f326d4bdc248dd09b9518dd1c0c3e937e7deec32.jpg 92b0f735910b652cc20c5fa659d78b73f89fd86e.jpg

▲車椅子での体験                    ▲喜びが溢れました

7c20f70d49de61ed03c9596b7f38db803efa4b0b.jpg

▲後期役員選挙の様子      

感想

 <Oさん>
私は今回の定例会が役員として参加できる最後の定例会でした。役員を何度も続ける事により、自分の成長や自信にも繋げることが出来ました。1つ1つのプログラムには意味があり、ここで学んだことを実践に移して欲しいという思いで、役員会で話し合いを重ね、良い会が出来るようにみんなで一致団結して頑張ってきました。前期第2回目の定例会は今まで役員としてやってきた中で1番良い形で終われたのではないのかなと思いました。
この会が開催出来るのも、様々な方の支えや協力があるからだと実感しています。 
役員としての務めは終わりましたが、赤十字の活動や、人道的な考え方を多くの人に知ってもらえるよう、これからも赤十字の活動にたくさん参加していきたいと思います。


 <Iさん>
定例会の企画を考えるときは、何を目的にどうしたらたくさん学べて、楽しんでもらうか、試行錯誤してきました。想像以上の人数の参加申し込みが来たときは、一から構想を練り直すこともありました。大変なこともありましたが、考えることで自分の力にもなり、自信がもてるようになりました。私は2期役員を務めましたが、前回課題として残してしまったことをやり切れたと思います。役員の経験は、これからの人生で役立つ事ばかりです。今後も、赤十字の活動など幅広い分野に活かしていきたいです。

13.jpg 14.jpg

▲役員会の様子                     ▲事前学習でボッチャを習いました

15.jpg
▲前期役員とボランティアのみなさん

青少年赤十字についてはこちら

日本赤十字社ホームページ かながわ赤十字情報プラザ プレスリリース 広報紙(全国版)赤十字NEWS 神奈川県支部公式Facebook メールニュース 普及資材 職員採用情報 YouTube公式チャンネル 地区担当ページログイン 指導員ページログイン 携帯サイトはこちらから http://www.kanagawa.jrc.or.jp/m/
ここからはサイトマップです。