• 音声環境および弱視者向け画面はこちらですレイアウト画面

日本赤十字社 神奈川県支部

文字サイズが変更できます。

  • 標準サイズ
  • 拡大
  1. ホーム
  2. 救急法等講習に参加したい
  3. 講習を開催したいので、指導員を派遣して欲しい

講習を開催したいので、指導員を派遣して欲しい

1.講習を計画する際の留意点

  1. 各講習の必要時間と受講条件
    ● 救急法
    基礎 [最低必要時間]4時間(※)[最低日数]1日
    [受講条件]満15歳以上
    養成 [最低必要時間]12時間[最低日数]3日
    [受講条件]救急法基礎講習修了者
    資格継続研修 [最低必要時間]4時間[最低日数]1日
    [受講条件]救急法救急員に認定され、その資格の有効期限が1年未満となった者
    短期 [最低必要時間]2時間程度[最低日数]1日
    [受講条件]特になし
    ●水上安全法
    養成 I:(プール) [最低必要時間]14時間 [最低日数]4日
    [受講条件]満15歳以上の救急法基礎講習修了者で一定の泳力のある方(一定の泳力:クロール及び平泳ぎで各100m以上、クロールまたは平泳ぎで500m以上、横泳ぎで25m以上、立ち泳ぎで3分以上、潜行で15m以上泳ぐこと並びに1m以上の高さからの飛び込みができる技術と体力)
    養成II:(海) [最低必要時間]12時間[最低日数]3日
    [受講条件]養成I:(プール)合格者
    資格継続研修 [最低必要時間]4時間[最低日数]1日
    [受講条件]水上安全法救助員I及びIIに認定され、その資格の有効期限が1年未満となった者
    短期 [最低必要時間]2時間程度[最低日数]1日
    [受講条件]特になし
    ●雪上安全法
    養成(I) [最低必要時間]7時間[最低日数]1日
    [受講条件]満18歳以上で救急法救急員資格を有する者
    養成(II) [最低必要時間]12時間[最低日数]3日
    [受講条件]養成(I)の合格者
    資格継続研修 [最低必要時間]4時間[最低日数]1日
    [受講条件]雪上安全法救助員I及びIIに認定され、その資格の有効期限が1年未満となった者
    短期 [最低必要時間]2時間程度[最低日数]1日
    [受講条件]特になし
    ●健康生活支援講習
    養成 [最低必要時間]18時間[最低日数]2日
    [受講条件]満15歳以上
    資格継続研修 [最低必要時間]4時間[最低日数]1日
    [受講条件]健康生活支援講習支援員に認定され、その資格の有効期限が1年未満となった者
    短期 [最低必要時間]2時間程度[最低日数]1日
    [受講条件]特になし
    ●幼児安全法
    養成 [最低必要時間]12時間[最低日数]2日
    [受講条件]満15歳以上
    資格継続研修 [最低必要時間]4時間[最低日数]1日
    [受講条件]幼児安全法支援員に認定され、その資格の有効期限が1年未満となった者
    短期 [最低必要時間]2時間程度[最低日数]1日
    [受講条件]特になし
    ○最低必要時間は休憩や検定(養成)時間を含まない講習の実質時間です。
    ※検定・休憩を含む
  2. 赤十字の講習を営利目的で開催することはできません。
  3. 指導員の派遣が出来ない場合があります。
  4. 日程の変更等をお願いする場合があります。
  5. 講習会場は原則として県内に限らせていただきます。
  6. 原則として実質講習時間は7時間を越えないようににしてください。
  7. 講習は土・日・祝日も開催可能です。
  8. 講習会場の広さは、講習内容によって異なりますが、小・中・高等学校などの教室程度の広さが必要です。(受講者が30人の場合)
  9. 指導員に対する謝礼等については不要です。ただし、大学・専門学校、一般企業等の団体が開催する場合は赤十字の活動資金として赤十字講習事業協力金をお願いする場合があります。

2.申請書の提出

  1. 講習申請書(コピー可)に必要事項を記入し、神奈川県支部にお申し込みください(申請書の書式はダウンロードできます)。
  2. 申請書の各項目に必要事項をご記入ください。
    ※広報を希望する場合の掲載先は当支部ホームページと希望者への郵送用日程表
    ※広報を希望される場合の対象者は県民または市、区、町村単位の在住、在勤、在学者に限らせていただきます。
  3. 講習開催申請の締め切り期日は下記のとおりです。指導員派遣調整の都合上、締め切り期日を過ぎると指導員の派遣ができませんのでご注意下さい。
  4. 指導員調整の都合などにより、期日の変更等をお願いする場合があります。また、全てのお申し込みにお答えできない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

    救急法・雪上安全法・健康生活支援講習・幼児安全法

    開催希望月 申請締切日
    1/4 4・5・6月 2月末必着
    2/4 7・8・9月 5月末必着
    3/4 10・11・12月 8月末必着
    4/4 1・2・3月 11月末必着

    水上安全法

    開催希望月 申請締切日
    1/4 4・5月 2月末必着
    6・7・8・9月 4月末必着
    3/4 10・11・12月 8月末必着
    4/4 1・2・3月 11月末必着

3.指導員との打ち合わせ

  1. 当支部から派遣指導員の氏名、連絡先を文書にてお知らせいたします。
  2. 担当する指導員にご連絡のうえ、講習の詳細について打ち合わせしてください。

4.講習教材と資機材の受け渡し

  1. 指導員と打ち合わせ後、必要な教材と資機材を当支部まで取りに来てください。
  2. 教材と資機材の受け渡しは、講習開始日の3日前(土・日・祝日を除く)からとし、午前9時~午後5時(12時~1時を除く)の間にお越しください。
  3. 受け渡しの希望日を事前に当支部までお知らせください。

5.講習の実施

  1. 講習中は受講者の健康管理と事故防止に努めてください。
  2. 災害等が発生または、予測される場合は講習を中止していただく場合があります。
  3. その他、変更等がある場合は当支部にご連絡ください。

6.講習教材と資機材の返却

  1. 講習終了後、教材と資機材を当支部まで返却してください。
  2. 教材と資機材の返却は、講習終了後3日以内(土・日・祝日を除く)からとし、午前9時~午後5時(12時~1時を除く)の間にお越しください。

7.教材費等の支払

  1. 講習教材と資機材の返却時に直接お支払いいただくか、銀行振込にてお支払いください。
  2. 必要に応じ、請求書を用意いたします。
  3. 入金の確認ができた時点で必要に応じ、領収証をお渡しいたします。

※受講者個々への領収証の発行は出来ません。

8.認定証の送付(※養成講習の場合のみ)

  1. 当支部から検定合格者分の認定証を送付いたします。(講習終了後2~3週間後)
  2. 検定合格者へ認定証をお渡しください。
  3. 不合格者への通知も必ずしてください。

詳しくは事業部 救護課まで

電話:045-681-2123

ここからはサイトマップです。